根管治療大阪 | VPT(歯髄温存療法)

VPT(歯髄温存療法)

VPT(歯髄温存療法)とは

VPT(歯髄温存療法)とは一般的に「歯の神経を残す治療」を意味します。
VPT(歯髄温存療法)の概要について専門医が動画で説明しています。是非、ご覧ください。


専門的には
VPT(歯髄温存療法)=「歯の生きている神経を可能な限り温存する治療」を意味します。ちなみに、VPT(歯髄温存療法)は①直接覆髄法②部分断髄法③完全断髄法に分類されます。

このページでは「歯の神経を残す」ことを中心に説明します。

根管治療大阪クリニックで、よく行われる会話があります。

【患者様】「大きい虫歯・ひどい虫歯で神経をとる必要があると歯医者さんで言われました。でも、神経をとりたく無いのですが、何とかなりませんか?」
【専門医】「それは不安になりますよね。今まで歯がズキズキ痛むことはありましたか?」
【患者様】「冷たいものが、しみますが、ズキズキする痛みはありません。」
【専門医】「何とか残せるか、色々検査をしましょう」

検査後

【患者様】「残せますか?」
【専門医】「検査の結果、内部の歯の神経は生きています。当院で、VPT(歯髄温存療法)という治療をすれば、90%程度の確率で神経を残せる可能性が高いです。」

以上の会話の様な例が多く、根管治療大阪クリニックでは「生きている神経をとる」患者様は非常に少数で、多くの患者様が「神経をとる抜髄治療」ではなく「神経を残す治療」を選択されます。

ただ、まれに「成功率が90%ということは、10%が失敗ですよね?それなら、最初から神経を取ってしまう治療を選びます。」とおっしゃる患者様がいらっしゃいます。

しかし、この決断は医学的観点からはオススメ出来ません。。

なぜなら、
★神経をとる抜髄治療の成功率も、VPT治療と同じく90%程度です。
★当たり前ですが、一度取ってしまった神経は二度と戻ってきません。つまり、歯の内部の知覚が消えてしまいます。神経を取ってしまうと、虫歯が出来た場合に「しみる」など症状を感じて早期に治療介入することが出来ません。
★VPT治療が成功しなかった場合、再VPT治療をすることで成功に持っていけることがあります。
★VPT治療と比較し、神経をとる治療は将来的に歯が割れたり、折れたりするリスクが上 がります。その場合、抜歯になることが多いです。
★根管治療中に、器具が根管内で破折したり、歯の内部に穴を作ってしまったり根の先から消毒液が漏れて強い痛みを起こすリスクがあります。それらの場合は、追加の治療が必要になります。場合によっては外科治療が必要になります。

当院のVPT治療(歯髄温存療法)

では、根管治療大阪クリニックでは、どんな種類のVPT治療(歯髄温存療法)を行なっているのでしょうか?

①直接覆髄法
虫歯を徹底除去した後、神経が露出した部分を徹底消毒を行なってからMTAやバイオセラミックセメントにて蓋をし、再生を促す方法。


②部分断髄法

虫歯を徹底除去した後、神経が露出した部分と、炎症や細菌感染のある神経を一部(2~3mm程度)除去してから、徹底消毒を行なってからMTAやバイオセラミックセメントにて蓋をし、再生を促す方法。


③完全断髄法

虫歯を徹底除去した後、神経が露出した部分と、炎症や細菌感染のある神経を根管口という部分まで除去してから、徹底消毒を行なってからMTAやバイオセラミックセメントにて蓋をし、再生を促す方法。



VPT治療が出来ない場合

①検査の結果「歯の内部の神経が既に死んでいる(歯髄壊死・歯髄壊疽)」場合

この場合、既に死んでしまった神経を除去する治療が必要があります。
残念ながら「死んでしまった神経を復活させて残す」治療法は存在しないのです。
その場合、「初めての根管治療」になるので「イニシャルトリートメント」と呼ばれ抜髄治療に準じた治療になります。


②検査の前に、歯が「ズキズキする・ズキズキ痛む」症状がある場合

この場合、一般的には「神経が回復不能なダメージを受けている」と判断し、抜髄治療を行います。
しかしながら、最近の研究では「歯がズキズキする・ズキズキ痛む」症状がある場合でも、適切なVPT(歯髄温存療法)を行うことで「神経を取らずに、保存できる」可能性があると言われています。
あくまでも、「可能性」であり「ズキズキする・ズキズキ痛む」症状が「無い」場合と比較すると、成功率は低くなります。
根管治療大阪クリニックでは、患者様から「低い成功確率でも、それに賭けてみたい」と言う強い希望がある場合にも、VPT(歯髄温存療法)に取り組んでいます。

根管治療大阪クリニックでは「精密根管治療(マイクロエンド)」のページにも書いてあります通り、

①北米の根管治療専門医と同等の知識と技術を持った歯科医師が行う。
②保険治療では使用が困難な機材や薬剤を、目の前の患者様に合わせて使用する。
③歯が原因ではないにも関わらず、歯が痛く感じる「非歯原性歯痛」と言う病気に精通している。
③当然ながら、無菌的処置のためにラバーダムを使用する。
④一般的なレントゲンだけでなく、北米式の検査と歯科用CTも併用することで「なぜ、その歯が悪くなっているのか」を高い精度で診断する。
⑤最高品質のマイクロスコープであるカールツァイス社のPROergoで、精密な根管治療を行う。

の項目を全て満たしたVPT治療(歯髄温存療法)を行っております。
治療を受けられる際は、ご安心ください。

治療の手順

①カウンセリング
②検査
③説明
④麻酔
⑤ラバーダム
⑥虫歯の徹底除去・隔壁作成
⑦場合によっては感染部の一部除去
⑧徹底した消毒
⑨MTAやバイオセラミックにて覆う
⑩仮の蓋をする。

【歯髄温存療法について(動画)】

VPT(歯髄温存療法)のメリット・デメリット

メリット

①なぜ、VPT(歯髄温存療法)は成功率が高いのか?
 1.診断力
北米の根管治療の名門であるトロント大学歯内療法科の根管治療教育を受け、アメリカ歯内療法学会(AAE)のスペシャリストメンバーに認定されています。
「なぜ、そのような病気が起こるのか?」を読み解きます。
スペシャリストは、微生物や免疫反応などの視点からも精通しており「この患者様の根の病気の仕組みは〇〇だから、〇〇という薬剤と▲▲という薬剤を組み合わせると効果が高い。一般的に歯科医院で使用されている🔳🔳という薬剤はあまり効果がなく、数年後に再発するリスクが高いだろう」などと判断することができます。
つまり、目の前の患者様に適した治療法や薬剤の使用が可能となります。
保険治療の範囲に縛られない欧米の機材や薬剤を症例に合わせてベストの物を使用することが可能です。

また、根管治療大阪クリニック内には歯科用CTで世界トップクラスのモリタ社のCTを使用しています。よって、普通のレントゲンや精度の低いCT では発見できない構造(イスムスやフィン)を読みとることができます。これにより、事前に複雑な歯の内部を見えない部分まで把握しより良い治療計画・診査・診断が可能となります。

②技術力
 もちろん、アメリカ歯内療法学会(AAE)のスペシャリストメンバーでありVPT治療(歯髄温存療法)の技術力には非常に自信を持っております。また、歯科医師向けに「VPT治療(歯髄温存療法)の方法や、成功率をあげるポイント」などのセミナー講師をしております。しかしながら、実は歯科業界に置いて「技術力と肩書きは別物」です。これは、根管治療だけではなくインプラント治療や歯周病治療などにも共通しています。
やはり、高い技術を習得するだけではなく、その技術をグレードアップして行くためには
VPT治療(歯髄温存療法)の「経験数」が非常に重要となります。当院では、数年前よりMTAやバイオセラミックを用いたVPT治療(歯髄温存療法)を数多く手掛けています。
また、年に数回、海外の根管治療の学会に参加するだけでなく、海外のスペシャリストと知識や技術交換を行なっております。

また、上記に加え、最高品質のマイクロスコープであるカールツァイス社のPROergoで、VPT治療(歯髄温存療法)を行うことで更に質の高い根管治療を行うことが可能です。

③説明力
 当院では、治療前にしっかりとしたVPT治療(歯髄温存療法)の説明を行います。
治療中はマイクロスコープに備え付けたカメラにて、治療中の様子を静止画や動画にて撮影しておりますので、マイクロスコープ専用説明ツール(カリーナ社DVP2)を用いて、毎回の治療後に「今日はどのような治療を行い、どこまで進んでいるか、どこに問題があるのか」をしっかりと御説明しています。
患者様は、自分では見ることが出来ない実際の自分の歯を大きな画面で動画で見ることが可能です。それにより、ご自身の状況が非常によくわかると好評です。

④治療回数が少なく、治療期間が短い
当院のVPT治療(歯髄温存療法)は、一回の治療時間を60分に設定しております。よって、多くの場合は1〜2回でVPT治療(歯髄温存療法)が終わります。
これは、患者様の通院負担を減らすだけでなく、医学的に「治療回数の少ない方が成功率が高い」と言われているためです。治療回数がかかるほど、治療期間が長いほど成功率は低下してしまいます。

デメリット

①一回の治療時間が長い
この事は、デメリットの一つではありますが、裏を返すと治療回数が少なく、治療期間が短い事を意味します。その事は、根管治療の成功率に影響します。

②成功率は100%ではない(おおよそ90~95%程度)
世の中に存在する全ての治療行為に共通することですが、VPT治療(歯髄温存療法)の成功率は100%ではありません。
もちろん、100%に近くづくようスペシャリストとして最善を尽くしておりますが、
スペシャリストでも、90~95%程度の成功率です。
ちなみに、日本の保険治療で行われる歯髄温存療法ではMTAやバイオセラミックを使用することが難しく、成功率は低くなってしまいます。
根管治療と同じく、日本の保険診療の歯髄温存療法は何十年も前から変わっていません。

では、逆の視点で考えてみましょう。
成功しない5~10%は、歯科医師の失敗なのでしょうか?
実は、「成功しない=歯科医師の失敗」と短絡的に考えてしまう方がいらっしゃいます。
しかしながら、それは正しくありません。
スペシャリストがVPT治療(歯髄温存療法)を行い、成功しない場合の多くは
治療内容に全く問題がなくとも、「術前の歯髄のダメージ」が原因です。悪いのは、歯科医師でも患者様でもなく「細菌」なんですね。
よって、多くの歯科医院では、「神経を除去(抜髄)」するという治療が行なわれています。

もちろん、スペシャリスト以外の歯科医師がラバーダムをせず、滅菌がきちっと出来ていない器具を使っていたり、治療手技が未熟な場合は「歯科医師が細菌感染をコントロール出来ていない」と言えます。

③VPT治療(歯髄温存療法)は、自由診療になります。
それには、いくつかの要因があります。
・北米の根管治療の名門であるトロント大学歯内療法科の根管治療教育を受け、アメリカ歯内療法学会(AAE)のスペシャリストメンバーに認定されている歯科医師が行う為。
・保険診療では「この薬剤を使うように」と決められています。
しかし、医学が発達した現代にも関わらず、その内容は何十年も前から変わっていません。多くの歯科医師が、本当は歯髄を残したいけれど、質の高いVPT治療(歯髄温存療法)は難易度が高いこと、保険診療の範囲では困難な為に神経を取る治療(抜髄治療)を行なっています。

加えて、患者様により最善の治療法と薬剤を使用するためには、多くの高価な機材と薬剤を使用します。以上の事からVPT治療(歯髄温存療法)は、自由診療になります。

保険治療との違いは?

①保険治療のVPT治療(歯髄温存療法)
②根管治療大阪クリニックVPT治療(歯髄温存療法)


保険治療の
VPT治療(歯髄温存療法)
根管治療大阪クリニックの
VPT治療(歯髄温存療法)
術者

一般歯科医師

AAEスペシャリスト

ラバーダム

多くの場合しない

ラバーダム

拡大

しない(肉眼) orルーペ?

高性能マイクロスコープ
(プロエルゴ)

歯の周りの消毒

多くの場合しない

複数の薬剤で念入りに必ず行う

隔壁

しない場合が多い

高温湿下にてレジンで
頑強に作製

消毒液

次亜塩素酸Na
過酸化水素

次亜塩素酸Na
過酸化水素

神経の上に置く
薬剤

水酸化カルシウム

MTAセメント
or
バイオセラミック

神経表面に
再生する歯の質

穴が開いていることも。
MTAより悪い

強度や密閉性が高い

使用器具

滅菌タービンバー
(キチンと滅菌できているか不明)

滅菌タービンバー
(1回の治療中に何度も交換)

成功率

不明・・・
そもそも保険診療では、この治療では
なく抜髄する(神経をとる)ことが多い。

95%(当院内)