根管治療大阪クリニックによる痛みの少ない根管治療・MI修復などお困り方はお気軽にご相談下さい。

根管治療解説動画 <一般の患者様>

根管治療解説動画<一般の患者様>

根管治療のQ&A

Q.歯茎が白くなった場合の対処法は?

「歯茎が白くなった場合の対処法は?」という質問に3つのポイントで解説
 

今回、このような質問をyou tubeにコメントいただきました。

■ポイント1
根の先から薬剤が漏れている可能性
 
■ポイント2
まずはかかりつけの歯医者さんで現状を把握する
 
■ポイント3
必要があれば根管治療専門医のいる歯医者や大きな病院で確認する
 
以上の3つのポイントについて解説します。

ポイント1 根の先から薬剤が漏れている可能性

【水酸化カルシウムという薬剤が多い】
 
今回は「歯茎が白くなった」というコメントをいただきましたが…
ただし、私たちも実際にお口の中を見た訳ではなく、レントゲンや根管治療の様子も詳しくはわからないので、これが原因ですと言い切るのは非常に難しいです。
ですが、考えられる要因がいくつもありますが、最も可能性があるのが根っこの治療時に使用した消毒薬が根の外からはみ出て、粘膜に接している可能性があります。私も何度か見たことがあります。
こうなる原因としては、ひと昔前には、根の先から水酸化カルシウムの消毒薬をあえて外に出すのが良いという考えがありました。今は「絶対だめ」となっていますが、その時代のままアップデートされていなかったのかもしれません。
まずは、外科手術をする前に今の現状を歯科医師にお伝えして、原因を考えることが大切なポイントだと思います。

 

ポイント2 まずはかかりつけの歯医者さんで現状を把握する

【治療をしてくれた先生に相談する】


治療をしてくださった先生は、根管治療でどんな状況だったかということを知ってくれているはずです。
ですので、まずはかかりつけの歯医者さんで、気づかないうちに当初から合ったものなのか、考えられる原因が何なのかを相談されることがいいと思います。

 

ポイント3 必要があれば根管治療専門医のいる歯医者や大きな病院で確認する

【外科的な治療も踏まえて行える歯医者さんに相談する】

 


実際の原因が根管治療なのか、はたまた違う事が原因なのかは分かりませんが、かかりつけの歯医者さんで原因特定が難しい場合は、セカンドオピニオンとして相談することも1つの手ではないかと思います。
根管治療によるものであれば、根管治療専門医からのアドバイスもいただけると思いますし、そこでもわからない場合には、大学病院などの大きい病院へ紹介状を書くこともできます。
しっかりと、確認してから手術を受けていただくことをお勧めいたします。

 

まとめ

今回は、「歯茎が白くなった場合の対処法は?」について、3つのポイントを解説しました。
1つ目のポイントは、「根の先から薬剤が漏れている可能性」
2つ目のポイントは、「まずはかかりつけの歯医者さんで現状を把握する」
3つ目のポイントは、「必要があれば根管治療専門医のいる歯医者や大きな病院で確認する」
ということです。
 
特に外科手術や矯正などが控えている場合には、まず気になるところはしっかりと解決してから治療へ進まれる事がいいのではと考えています。
ですので、相談をして現状を把握してから手術を受けられることをお勧めいたします。