根管治療大阪クリニックによる痛みの少ない根管治療・MI修復などお困り方はお気軽にご相談下さい。

根管治療解説動画 <一般の患者様>

根管治療解説動画<一般の患者様>

根管治療のQ&A

Q.米国歯内療法学会に所属していることのメリットについて

「米国歯内療法学会に所属していることのメリットは?」という質問をいただいたので、3つのポイントに分けて解説します。
 

今回、このような質問をyou tubeにコメントいただきました。

■ポイント1
米国歯内療法学会とは
 
■ポイント2
最大のメリットは新しい知識を得ることが可能
 
■ポイント3
米国式歯内療法学会の所属は専門医を探す上でのポイントとなる
 
以上の3つのポイントを解説します。

ポイント1 米国歯内療法学会とは

【根管治療のスペシャリストが所属する学会】
 
一言で簡単に言うと、「米国式歯内療法学会」とは「根管治療のスペシャリスト」が所属する学会のことです。

 


こちらの学会に入るためには、それ相応の勉強と実績が必要ですし、そこに所属されている先生の支持も必要だったり、年会費や学会参加費も高額だったりと、クリアしなければならない条件が多く必要とされています。
 
ですので、こちらの学会に所属されていると言うことは、相当な勉強をされ知識と技術もある、つまり「根管治療に本気だ」と言うことがわかります。

 

ポイント2 最大のメリットは新しい知識を得ることが可能

【新しい論文などが手に入る】
 
次に、質問者様からもありました、「米国式歯内療法学会に所属しているとどんなメリットがあるのか?」について解説します。

 


こちらの学会に所属していると、定期的に新しい論文が記載された冊子が届いたり、セミナーを無料で受講できたりといったメリットがあります。
これだけを聞くと、歯科医師にのみメリットがあるように感じますが、患者様にも大きなメリットがあります。
それは、新しい知識を歯科医師が得ることにより、最新の治療を提案することができたり、今まで難しいとされてきていた治療も可能になる場合もあります。
そうすることで、直せる幅も広がると言うことになります。
 
ですので、最大のメリットは最新の知識を得ることができ、それを踏まえて治療の提案をすることができると言うことです。

 

ポイント3 米国歯内療法学会の所属は専門医を探す上でのポイントとなる

【根管治療に本気】
 
最近では様々な医院さんでも、自費の根管治療を取り入れられているところが増えてきています。
患者様のみなさんはどんなことを基準に歯医者さん選びをしたらいいのだろうと思われたこともあるのではないでしょうか?
先ほどからもお話した通り、「米国式歯内療法学会」に所属するためには多くのクリア条件が必要です。
ですので、「米国式歯内療法学会」に所属している先生と言うのは、多くの知識を蓄えておりますし、技術もあります。
何より、根管治療に本気で向き合われている先生だということは分かります。
ですので、もしそういった医院さんを探されている場合は、1つの指標にしていただければいいのではと思います。



 

まとめ

今回は、「米国市内療法学会に所属していることのメリットについて」について、3つのポイントを解説しました。
1つ目のポイントは、「米国式歯内療法学会とは」ということと、
2つ目のポイントは、「最大のメリットは新しい知識を得ることが可能」ということについて
3つ目のポイントは、「米国式歯内療法学会の所属は専門医を探す上でのポイントとなる」ということです。
 
根管治療はとても複雑で難しい治療です。
悩まれている歯がありましたら、ぜひそういった専門医の先生へご相談されることをお勧めいたします。
 
ぜひ、今回のYouTubeを見ていただき参考になれればと思います。
 
このYou Tubeチャンネルでは根管治療に関しての知識を話しています。
 
この動画が良かったと思った人はぜひグッドボタンを押してください。
 
また、チャンネル登録もよろしくお願いします。