根管治療大阪クリニックによる痛みの少ない根管治療・MI修復などお困り方はお気軽にご相談下さい。

根管治療解説動画 <一般の患者様>

根管治療解説動画<一般の患者様>

根管治療の内容

Q.前歯の根管治療における仮歯について

今回は「前歯の根管治療における仮歯」について3つのポイントを解説します。
 
■ポイント1
仮歯をつける理由
 
■ポイント2
仮歯をつけているときに気をつけること
 
■ポイント3
仮歯をつけていても安心できるために知っておいてほしいこと
 
以上の3つのポイントを解説します。

ポイント1 仮歯をつける理由

【根管治療中は土台の状態】

まず、なぜ仮歯が必要なのかについて説明していきます。
患者様の多くは、治療中いったいどんなことをされているかご存知ない方も多いのでは無いでしょうか?
実は、治療中は噛める面というのは無く、ご自身の歯はたくさん削られていることが多いです。
奥歯であれば、治療中はそのままですすめることが多いですが、前歯は見た目にも気になるところですので、仮歯を入れて歯があるように見せます。
そのために、仮歯というものを使用します。

 

ポイント2 仮歯をつけているときに気をつけること

【仮歯は外すためにあるもの】

上記の表は根管治療大阪クリニックの根管治療の料金表です。

仮歯は外すためにあるものです。ですので、粘着物の食べ物や硬い食べ物で外れやすかったり、欠けてしまったりする可能性が十分にあります。
ですので、治療が完了し最終的な被せものが入るまでは食事には気をつけていただけたらと思います。
また、仮歯をつけていて気になることは汚れだと思います。
仮歯はいわばプラスチックと同じようなものなので、変色してきたり、汚れが落ちにくかったりもします。
治療期間が決まっているとはいえ、汚れが付きやすいとさらに虫歯になってしまう可能性や、炎症してしまう可能性もあるので、ご自身での歯ブラシも丁寧にしていただくことが大切です。

 

ポイント3 仮歯を入れていても安心できるために知っておいてほしいこと

【歯医者さんに相談することが大切】
仮歯は外れやすいといったことや、見た目に関してとても不安に思われている方も多いと思います。

 

確かに、治療途中なので100%しっかりかめて、見た目も気にせずにということは難しいですが、何度も外れてしまう場合には、他の歯と固定をしてあげたり、衛生士さんでのクリーニングが可能です。
治療をしてくれる先生方も、しっかりと考えて患者様に良いようにと工夫をしてくれているとは思いますが、実際の患者様のお声はとても大切です。
「外れそうで、、、」「ここのかみ合わせが気になって、、、」
など、お伝えいただければと思います。

 

まとめ

今回は、「前歯の根管治療における仮歯について」、3つのポイントを解説しました。
1つ目のポイントは、仮歯をつける理由についてということと、
2つ目のポイントは、仮歯をつけているときに気をつけることと
3つ目のポイントは、仮歯を入れていても安心できるために知っておいてほしいことということをお話しました。
治療は大変だと思いますし、仮歯の状態は特に注意すべき点もたくさんあると思います。
しかし、きちんと歯を治療するためには必要な期間でもありますので、ぜひ最後まで頑張って治療を受けていただければと思います。

このYou Tubeチャンネルでは根管治療に関しての知識を話しています。

この動画が良かったと思った人はぜひグッドボタンを押してください。

また、チャンネル登録もよろしくお願いします。