根管治療専門医・歯根治療専門医による痛みの少ない根管治療・MI修復 お気軽にご相談下さい。

根管治療解説動画 <一般の患者様>

根管治療解説動画<一般の患者様>

根管治療の機材・材料・薬剤

Q.根管治療で使用する針のようなものは何か?

根管治療で使用する針の2つの使用方法
 
■使用方法その1
根管の先まで、穴を開けている
 
■使用方法その2
根管内部を綺麗にするため
 
2つの使用方法について詳しく解説していきます。

使用方法その1 根管の先まで、穴をあけている

【根管の先まで、きちんと器具が到達することが大事】

 

根管治療で欠かせないアイテムが「ファイル」と呼ばれるものです。
 
これは、根管の先まで、穴を開けたり、根管の空洞の大きさ大きくするためにしようします。
では、なぜこの操作が必要なのか…?
 
根管治療で大切なことは、根っこの先まで隙間なく、お薬を詰めるということが大切です。
なぜなら、少しでも隙間があったり、根管の先までお薬が到達せずにいると、治療をしたとしても根管先で病気が治らなかったり、病気が再発する可能性が高くなるからです。 
ですので、きちんと根管先までお薬を詰められるように、穴を開けたり、お薬が入る太さに根管を広げてあげることが大切です。
 
そこに欠かせないのが、ファイルと呼ばれる道具ということです。

ポイントその2 根管内部を綺麗にするため

【機械ににファイルと呼ばれる道具をつけて、根管内部を綺麗にします】

従来はステンレスと呼ばれる素材でできた道具が主流でした。現在は、根管治療をキチンと行っている歯科医院ではニッケルチタンと呼ばれる形状記憶金属で作られたファイルを使用しています。
このファイルを機械に取り付けて、根管内を綺麗にすることで、根管内を過度に傷つけることなく掃除が可能となります。
 
まとめ
 
根管の先まで器具を到達させることが大切で、そうすることで根管先まで隙間なくお薬を詰めることができ、再発の可能性を下げることができます。
また、根管内部を綺麗にすることも大切です。
これを達成するために、「ファイル」と呼ばれる道具を使用します。