根管治療専門医・歯根治療専門医による痛みの少ない根管治療・MI修復 お気軽にご相談下さい。

根管治療解説動画 <一般の患者様>

根管治療解説動画<一般の患者様>

根管治療の機材・材料・薬剤

Q.根管治療で使用する水酸化カルシウムはなんのため?

根管治療で使用する水酸化カルシウムは何のために使用するのか?2つのポイント
 
■ポイントその1 
根管内の消毒をするために使用する。
 
■ポイントその2
近年、水酸化カルシウム以外の薬は体への害が強く、望ましくないといわれている。
   
以上の2つのポイントを解説します。

ポイントその1 根管内の消毒をするために使用する

【水酸化カルシウムを使用する目的とは、根管内の細菌数を減らすことです。】

 

根っこの治療が必要な根管内には、多くの細菌が潜んでいます。潜んだまま放置してしまうと、歯を支える周りの骨をとかしてしまったり、最終的には抜歯をせざるを得なくなります。
そこで登場するのが「水酸化カルシウム」です。
これを使用することにより、根管内に潜む多くの細菌を殺菌することができます。
この「水酸化カルシウム」は、治療途中の歯に使用し、根管内にある細菌が減少してから、最終的なお薬を詰めていきます。
つまり、大切なことは、根管内の細菌を減らすということなのです。

理由その2 近年、水酸化カルシウム以外の薬は体への害が強く、望ましくないといわれている

【水酸化カルシウム以外のお薬では、メリットよりもデメリットの方が大きいと言われています 】

「水酸化カルシウム」以外にも、保険診療ではお薬を使うことがありますが、水酸化カルシウム以外は細胞毒性が強かったり、発がん性があるものなど、メリットよりもデメリットの方が目立っているため、一般的に使用することは少ないです。
当医院でも、「水酸化カルシウム」以外の薬は使用していません。
殺菌することも大切ですが、毒性の強いものは使用しないということが大切です。