根管治療専門医・歯根治療専門医による痛みの少ない根管治療・MI修復 お気軽にご相談下さい。

根管治療解説動画 <一般の患者様>

根管治療解説動画<一般の患者様>

根管治療の機材・材料・薬剤

Q.根管治療で使われるドリルは何なのか?

◆根管治療で使われるドリルでしていること2つ◆
 
■その1 
虫歯を除去している
 
■その2
歯の内部を綺麗にしている
   
では、この2つの理由を解説します。

その1 虫歯を除去している

【虫歯を除去する時にドリルのような物で虫歯を除去します。】
 
根管治療において、最も重要なことは「細菌を可能な限り除去すること」が挙げられます。
そして、虫歯は「虫歯菌」の塊なので、確実に全てを除去する必要があります。
そこで、ドリルのような機械で虫歯を取り切ります。
虫歯を取り残すことは、将来的に根の病気の再発につながっていきます。

していることその2 根管の内部を綺麗にするため

【機械ににファイルと呼ばれる道具をつけて、根管内部を綺麗にします】


 

従来はステンレスと呼ばれる素材でできた道具が主流でした。現在は、根管治療をキチンと行っている歯科医院ではニッケルチタンと呼ばれる形状記憶金属で作られたファイルを使用しています。このファイルを機械に取り付けて、根管内を綺麗にすることで、根管内を過度に傷つけることなく掃除が可能となります。 
 
まとめ
 
虫歯を確実に取るためにドリルや、根の内部を綺麗にするためのニッケルチタンファイルも根管治療にか欠かせない道具です。根管治療に力を入れていない歯科医院は、いまだにニッケルチタンファイルを使用していません。今後、ますます普及するように広めていきたいと思います。